大阪在住の方のサラ金選びについて

土地勘がない大阪でのサラ金探しは、やっぱりネットが便利でした

僕は関東出身で、就職と同時に大阪へ引っ越して暮らしています。就職先が大阪になったというよりも、大阪での就職を望んで活動した結果です。僕は生まれる前からの阪神ファンで、いわゆる「トラキチ」だと自覚もしています。親父がそもそもアンチ巨人の阪神ファンだったので、子供の頃に買ってもらった野球帽は必ず阪神。関東に住んでいたため、あまり阪神ファンは多い方ではなく、大人になったら絶対に大阪に引っ越して甲子園に通うぞ、と決めていました。

運のいいことに、就職先の先輩に何人かタイガース命の方がいて、就職1年目はよく甲子園に連れて行ってもらいました。外野でにぎやかに応援するのが最初は怖いくらいの盛り上がりでしたが、今ではとても楽しく、東京で巨人戦やヤクルト戦をビジターで観たときとはまったく別世界のように感じました。その先輩からは、それだけタイガースが好きで、毎試合観に来るんやったら、年間シート買ったらええよ、とのアドバイスもいただき、僕としても大阪に来たんだから年間通して応援したいという気持ちにもなっていたので、思い切って購入しようと考えました。

でも、年間シートって高いんですよ(涙)。ビジター側外野(レフト側)でも10万円近くするし、ホーム側の外野(ライト側)となるとそれよりさらに高い。買うとしたら給料を貯めてからでないと買えないような値段なんですよね。年間シートは毎年シーズン終了後あたりに売り出されるので、悠長なことも言ってられないんです。そのときに買えるか買えないかなんですよ。そこで、ひとまずお金を借りて年間シートを買い、その分をコツコツ返済すればいいじゃないかと考えてどこから借りるかリサーチを始めました。

もともとが関東の人間で、大阪に来てまだ1年ちょっとしか経っていないので大阪のサラ金というのがよくわからず、土地勘がないのもあって、それなら出かけないでネットで探して、ネットで申込んでしまおうということにしたんです。よくよく考えてみれば、大阪に限らず東京でもどこでも大手のサラ金なら全国規模で展開しているんだから地域に悩まされる必要もなかったんですけれど(笑)。

最終的に、僕は大手サラ金のカードローンをネットでGETしました。来年も再来年も年間シートを買うことになったら、その都度審査してもらうのも大変なんで、カードローンをチケット購入専用に1枚持つことにしたんです。これできちんとお金の管理さえすれば、心置きなく甲子園で阪神に声援を送りながら野球を楽しめます!