無職でサラ金から借金する前に再度確認を!

無職でも借りられるサラ金!借りる前にもう一度返済計画の確認を!

全国どこでも手軽に借りられるサラ金。最近では主婦や学生でも借りられるようになってきました。では、完全に無職だとどうなのでしょうか?

無職と言っても、状況は様々ありますよね。就職が決まっていたり、仕事をする意思があって登録はしているものの職にありつけていなかったり、資産があるから働いていない、という無職もあり得ます。

状況によって条件はもちろん変わりますが、無職でも借りられるサラ金業者はいくつもあります。ですが、急な出費の際にごく少額を借りる程度なら便利ではありますが、無職かつ資産もない状況でサラ金を利用するのは大変危険です。

サラ金は高利貸しです。金利の上限が法的に設けられてはいますが、それでもやはり高い利息が付いてきます。月々の返済金額を一定にしたとしても、返済金額総額で考えると、かなり金額が膨らむことがわかります。

無職かつ無収入の状態で、今後も収入の予定が立っていないのであれば、返済プランは最初から破たんしています。借金をする際には、まず自分の収入について考えなくてはなりません。借金は収入ではありません。あくまで人のお金を借りるにすぎないのです。

返済が滞ると厳しい催促が来ます。それに追い立てられるように別の業者から借金をして穴を埋めるとどんどん借金の利息総額が増え、さらに深刻な状況になっていきます。多数の会社からお金を借りると信用度が下がり、その分悪い条件でしかお金を借りられなくなり悪循環にはまっていくのです。

お金が足りないのであれば、まずは収入を得ることから検討しましょう。就職難の時代で仕事を探すことも難しいですが、なんらかの方法で収入を得る方が、借金をするより先にすべきことなのです。